宮下光紀さんファミリー

 

●家族構成

 光紀さん(31)

 妻とお子さんの家族で移住。

 

●移住元

 長野県佐久市

 

●移住した年

 2016年



移住を考えたきっかけを教えてください。

転職がきっかけです。

移住前は、工場で働いていたんですけど、もっと体を動かす仕事をしたいというか、このまま会社に勤めたままの人生でいいのか、もっとやりたいことを見つけたいと思ったんです。

また、ちょうど娘が産まれるくらいのタイミングで東南アジアの方へ海外赴任の話もあったりして、転職しようと思ったのもひとつです。

 

転職がきっかけと伺いましたが、なぜ漁師になろうと思ったのですか?

もともと、体を動かすことが好きだったので、自衛隊や消防士、また農業も考えました。

1日1日が勝負で、沖に出ていく漁師の男らしさやカッコ良さに惹かれ、漁師になりたいと強く思うようになりました。

すごく、やりがいのある仕事で、いつかは自立して自分の船を持てるようになるのが目標です!



漁師になりたいと思ってから、実現までの道のりは?

漁師なりたいと思ってから、1年くらい漁師の求人や漁港などのこともたくさん調べました。

求人を出している漁師さんと自分のように漁師になりたい人をマッチングする漁業就業支援フェアというのがあって、福岡や北海道まで参加しに行きました。

全国の漁港に電話などしたり、いろいろと調べたりしたんですけど、結果的に勝浦で漁師をしたいと思いました。

東京で開催された漁業就業支援フェアに行った時に今の船頭と出会い、その場で直接お話しをさせてもらいました。

その後、移住する前に研修に来た時に、周りの漁師さんや漁港の方々から気さくに話しかけていただき、暖かく迎えてもらえて、とてもやりがいを感じながら漁に出ています。


主に何漁を行っているのですか?

 

主に延縄漁でマグロをとっています。

5月から9月は、マグロ漁を行わないので、潜ってアワビやサザエをとっています。

また、時期によっては金目漁にも行っています。 

 



※延縄漁とは・・・

 延縄(はえなわ)は、漁業に使われる漁具の一種。1本の幹縄に多数の枝縄(これを延縄と呼ぶ)をつけ、枝縄の先端に釣り針をつけた構成となっている。また延縄を用いた漁法を「延縄漁」と呼ぶ。

 

 

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』



移住後の生活について

移住前より、毎日が充実してると感じます。

毎日が刺激的で、マグロが採れれば嬉しい。

 


参加してる地域の行事はありますか?

毎年9月に行われる「勝浦大漁祭り」に参加しています。


勝浦に住んでみてどうですか?

冬も暖かくて過ごしやすいです。

長野だと、雪もすごいしフロントガラスも凍るもの当たり前ですしね。


休みの日の過ごし方は?

基本、家族で過ごしています。公園に行ったりしてますね。

あと、毎月開催される「朝空マーケット」に行って、ミニSLに乗ったり、重機に乗ったりして子どもは喜んでます。

 



宮下さんに直接話を聞いてみたいという移住検討者の方は、お問合せフォームよりご連絡ください。

勝浦市観光商工課 定住・ビジネス支援係 移住・定住相談窓口で日程などの調整を行わせていだたきます。

 

お問合せフォーム