住まいの探し方

一戸建、アパート、マンション、新築するのか中古を買う・借りるかによって必要な予算が変わってきます。

まずは予算をたて、どの選択肢を希望するのかを決めましょう。

 

物件探しは、「空き家バンク登録物件」から探す方法、市内不動産業者に相談する方法が主な物件の探し方になります。

自分がどうゆう物件を望んでいるのか具体的な内容を整理し、そして優先順位をつけることは、物件探しの鉄則です。

 空き家バンクで探す

■空き家バンク制度とは

勝浦市内にある「空き家」を登録しておき、希望者に利用してもらう制度です。

登録された「空き家情報」は、ウェブサイトや相談窓口などを通じて紹介します。

市では、「空き家」のある地域情報の提供など、調整役として「空き家」所有者と利用希望者との橋渡しをします。(マンションなどの集合住宅は対象外です)

 

■空き家バンク物件利用特典

若者等定住促進奨励金の年齢要件を撤廃

空き家バンク物件購入でグリーン住宅ポイントのポイント付与を受けられます

 

 

■登録していただける「空き家」を募集しています! 

 空き家を売りたい・貸したい方は⇒こちら

 

 

■空き家を購入したい・借りたい方

「空き家バンク」で物件を探してみましょう! 

『空き家バンク』専用サイトにて、物件を紹介しています。

 

『空き家バンク』で取扱っている物件は、ほんの一部です。

また、空き家バンクに登録されている住宅は、一戸建てのみとなっています。

空き家バンクに登録されてない物件やアパートやマンションを希望の方は、不動産屋へご相談ください。


注意事項!

○勝浦市の「空き家バンク」で取扱う「空き家」とは、市内に存在する建物やその敷地で、個人が居住を目的として建築または購入し、現在、住んでいない(近く住まなくなる予定のものも含む)ものをいいます。ただし、賃貸、分譲などを目的とする建物やその敷地を除くものとします。

※マンション、アパートなどの集合住宅を除くものとします。

 

○市は空き家所有者の持つ空き家情報を利用希望者に提供しますが、物件の売買や賃貸借の交渉や契約については、直接関与しません。

 

○物件の売買や賃貸借の交渉は、市と協定を結んだ宅建業者(下記、参照)が行います。

※契約が成立した際には、法律で定められた仲介手数料がかかります。


 空き家バンク登録物件以外の物件や

マンション・アパートなど

以下、『空き家バンク』市内協定宅建業者一覧

・丸泰商事(株) 代表者 高梨 満

 http://www.marutai-shoji.co.jp/ 

 住所:勝浦市墨名818-1 

 ☎:0470-73-4511

・磯野不動産 代表者 磯野 弘

 http://www.isono-re.jp/ 

 住所:勝浦市墨名817-55 

 ☎:0470-73-4688


・(有)日栄 代表者 田中 一

 http://www.nichiei.net/ 

 住所:勝浦市新官1441-34 

 ☎:0470-73-0090


・房総ライフ(有) 代表者 井上 秀弥

 http://www.boso-life.jp/ 

 住所:勝浦市墨名692-5 

 ☎:0470-73-0177


・里山不動産(株) 代表者 西川 栄男

 http://www.satoyama-fudosan.co.jp/ 

 住所:勝浦市芳賀244-4 

 ☎:0470-77-1616


・(株)三井の森 代表者 上田 隆康

 http://www.m-katsuura.com/ 

 住所:長野県茅野市豊平字東嶽10411 

 ☎:0120-310-391(ミレーニア勝浦販売センター)

 ※『空き家バンク』物件取扱業者一覧の他にも、宅建業者はあります。


別荘地 

 

■【1】東急リゾートタウン勝浦

  ⇒WEBサイトリンク

 

■【2】ミレーニア勝浦

   ⇒WEBサイトリンク


一定の機能を満たす住宅の新築や分譲住宅の購入、一定の要件を満たす既存住宅の購入、対象工事を実施するリフォーム及び一定の機能を満たす賃貸住宅の新築を対象とし、様々な商品などと交換できるポイントを発行する制度です。

 

住宅を新築・購入した方、既存住宅を購入した方、住宅リフォームした方など、対象になる可能性がありますので、チェックしてみてください。

 

①新築住宅の建築・購入

 ▶一定の省エネ性能を満たす

 ▶購入者等が自ら居住(1人1回)

 ▶30万~100万ポイントを発行 等

 

②既存住宅の購入

 ▶2019年12月14日以前に建築された住宅

 ▶売買代金が100万円(税込)以上

 ▶購入者が自ら居住(1人1回)

 ▶申請は入居後(完了前申請不可)

 ▶15万~45万ポイントを発行

 

③リフォーム工事

 ▶工事の内容に応じてポイント発行

 ▶最低5万ポイント以上の工事

 ▶賃貸住宅へのリフォームも可

 ▶1,000万円(税込)以上は工事完了前の申請も可

 ▶上限内で同一住宅でも複数回の申請可 等

 

④賃貸住宅の建築

 ▶全戸がトップランナー基準で

 ▶床面積が40㎡以上

 ▶棟単位で申請

 ▶戸建住宅や店舗等の併用住宅は不可

 ▶ポイント利用は追加工事のみ


住宅を購入及び賃貸した方が受けれれる可能性がある制度

 

【購入】

 ▶若者等定住促進奨励金(市)

 ▶グリーン住宅ポイント(国)

 ▶住まい給付金(国)

 

【賃貸】

 ▶若者等定住促進奨励金(市)